ひき逃げされ下半身麻痺になった捨て犬を昼夜を問わず看病し、奇跡のように歩かせた女性

アニマルプラネットランドチーム
2020年 02月 19日

애니멀플래닛ETtoday


ひき逃げ車両にはねられ、下半身麻痺になった捨て犬を奇跡のように歩き直させた女性がいます。


中国メディア"イティトゥデイ(ETtoday)"は昨年、動物保護団体で勤務する女性ルルさんに感動的な事情を伝えました。


台湾に住んでいるルルさんのお仕事は危機に陥った捨て犬たちを救助する事でした。


애니멀플래닛ETtoday


ルルさんは路上で危険にさらされた捨て犬を数十匹救助しましたが、その度に心は穏やかではありませんでした。


そのうち下半身を 使えなくなった 白雪は ルルに 衝撃と 悲しみの 渦に させてしまいました.


救助された当時の白雪は生後3ヵ月くらいで飼い主に捨てられた後、町をさまよう車に引かれたものと推定しました。


애니멀플래닛ETtoday


治療を担当した獣医師は"腰に大きな衝撃を受け、腰の骨が折れた状態であり、神経も一部損傷しており、腹部に傷ができて臓器が流れ落ちている状況"と緊急な状況を伝えました。


幸い治療後、命は取り留めましたが、また歩けるかは不透明でした。


しかし、ルルさんは絶対に諦めず、漢方治療と高圧酸素治療を受け、リハビリもまめに強行しました。


애니멀플래닛ETtoday


そんなある日、ルルさんの本当の愛が通じたのだろうか。 もう二度と歩けないと思っていた白雪がだんだん好転し、両足で立ち上がっているのではないでしょうか。


ルルさんは胸をなでおろしながら涙を流し、"神様が白雪を助けてくれて私と会わせてくれたようです。 白雪のために最善を尽くします"と心境を伝えた。


その後、話が広がると、人々は"大きな感動を受けました"、"花道だけ歩こう"、"奇跡が起こりました"などの応援を惜しまず、白雪はルルさんに養子に出され、幸せに暮らしているという噂です。


[著作権者 ⓒ アニマルプラネットランド, 無断転載及び再配布禁止]

私たちの秘密の話を世の中に知らせてください。