毎日ご飯を半分ずつ残しておく犬...飼い主はわけを知り、 目を腫らすほど泣いた

アニマルプラネットランドチーム
2020年 03月 01日

애니멀플래닛twitter_@_EasyBreasy_


ご飯をあげると、毎回に半分ずつ残す犬がいます。 普段どおりに与えたが、それも毎日のように半分ずつ残す犬を見た飼い主は首をかしげました。


しかし、その理由を知ってから、飼い主は目が腫れるほど泣き、また泣きました。 犬が毎日ご飯を半分残していた理由が彼を泣かせたのです。


俳優であり映画製作者として活動するイースタンドゥーパー(Easton Dufur)さんは3年前の過ぎた2017年、自分のツイッターを通じて犬クッキー(Cookie)事情を伝えたことがあります。


当時、彼は白いラブラドール犬2匹を飼っていました。 "一匹の名前はクッキーで、もう一匹のワンちゃんの名前はスティッチ(Stitch)でした。


애니멀플래닛twitter_@_EasyBreasy_


イースタン·ドゥーパーさんの家には給仕用の器が1つしかないので、いつもいつも2人は仲良くご飯を分けて食べていました。


そんなに10年が経っても犬達は一度も戦わずして飼料食器がひとつもにご飯を分けて食べたんです。 そんなある日、スティッチが目を閉じてしまいました。 虹の橋を渡ったのです。


一夜にして愛する犬を失った悲しみに、イースタン·ドゥーパーさんは大変でしたが、それでも犬のクッキーのためにも悲しみを乗り越えて立ち上がらなければならなかったんです。


スティッチの空白を感じないように、彼は犬クッキーをもっと細かく面倒を見てくれました。 そうするうちにある日はご飯を準備してあげるのにおかしい所を見つけます。


給料の器にはいつも餌が、ご飯が半分ずつ残っているのでした。 "最初は、お腹が空いていないと思っていました。 一日や二日で終わると思ったことが毎日のように繰り返されました。


애니멀플래닛twitter_@_EasyBreasy_


犬クッキーが一人で食べるくらいのエサをくれるのにいつも半分ずつ残しました。 後でその理由を知った彼は、堪えてきた涙をこぼしてしまいました。


毎日のように餌を半分ずつ残していたのは、一緒にご飯を分けて食べたスティッチのためのものだったという事実を、犬クッキーもスティッチの空席を懐かしがっていることが分かったからです。


イースタン·ドゥーパーさんは"ワンちゃんクッキーはスティッチがひょっとして戻ってくるのではないかと心配して、その分として半分をいつも残しておいたもの"と言っていました。


時間が経った今もなお話題になっているのは、二人の心の痛む友情のためです。 犬クッキーが、どうか痛い傷跡をよく乗り切ってほしいだけです。


[著作権者 ⓒ アニマルプラネットランド, 無断転載及び再配布禁止]

私たちの秘密の話を世の中に知らせてください。