飼い主の放置で醜かった犬に実際に起きた"驚くべき奇跡"

アニマルプラネットランドチーム
2020年 03月 11日

애니멀플래닛Liz Ford / The Dodo


飼い主の無関心と放置で犬だと疑われるほど醜い姿をしていた犬がいました。


深刻な皮膚病のせいで、犬の体の毛は全部抜けていて、赤く傷んだ素肌を露にしたまま放置された犬は、そうして毎日辛そうに堪えていきました。


空もこの犬がかわいかったのでしょうか。 犬の診療を担当した獣医師が、深刻な状態に放置された犬のために飼い主から所有権の放棄を取り付けました。


これは始まりに過ぎませんでした。 世界の誰よりもこの犬を愛して大切にしてくれる新しい家族を作ることです。


애니멀플래닛Liz Ford / The Dodo


暖かい関心と愛を受けた犬は、日に日に健康を回復し、今は他の年頃の犬のように毛も伸びて健康になりました。 愛が成し遂げた奇跡でした。


明後日、死んでも全然おかしくなかった犬が、わずか数カ月で目に見えて元気を取り戻せたのでしょうか。


オンラインメディアいつ先月29日(現地時間)、先代の無関心と放置で深刻な皮膚病を患っていた犬ドビー(Dobby)の事情を紹介しました。


事情は3年前の過ぎた2016年1月にさかのぼります。 当時、ドビーの飼い主はフロリダのある動物診療所にドビーを連れて行きました。


애니멀플래닛Liz Ford / The Dodo


ドビーが深刻な皮膚病を患っていたからです。 どれくらいだったかというと、毛が抜け、赤い肌が露になるほどでした。犬を初めて見た獣医師のサラ·ハーパー(Sara Harper)さんも言葉を失いました。


ドビーは栄養失調も病んでいましたが。 深刻さを認知した獣医、サラ·ハーパーは飼い主を説得し、ドビーに対する所有権を放棄するよう要請しました。


飼い主はドビーに対する所有権を放棄し、これを受け取った獣医はドビーを自分の病院に連れて行き、大事に治療を進めました。 その後、保護所に運ばれたドビーは引き続き治療を受けましたが。


ある日、犬を養子にしたくて保護所を訪れた女性リズ·フォード(Liz Ford)さんの目に飛び込んできます。 彼女はドビーを養子に出そうとしましたが、健康を完全に回復することができず、養子縁組がままならなかったです。


애니멀플래닛Liz Ford / The Dodo


結局、彼女は保護所にいる犬ウィリー(Wylie)と養子に入りました。 彼から4ヵ月が経っただろうか。


彼女は再び保護所を訪問して久しぶりに会ったウィリーとドビーはお互いを覚えているのか嬉しがりました。


この姿を見た彼女はドビーを養子にすることを決心しました。 もちろん、それまでは飛翔は回復中でした。


その後、トビーは見違えるほどフワフワした毛が生え、初めて見た時の醜い姿は跡形もなくなりました。


애니멀플래닛Liz Ford / The Dodo


ドビーを養子に出した飼い主とドビーを治療してくれた獣医の本気のこもった愛と関心が生み出した驚くべき奇跡でした。


ドビーの変化を通じて、愛の力とは何なのか、もう一度考えさせます。


獣医のサラ·ハーパーさんは"ドビーの新しい家族が真心のこもった愛でドビーの心までも治癒してくださいました"とし"ドビーはもう世の中誰よりも愛らしい犬になりました"と言いました。


現在、ドビーは親友のウィリーと一緒に家の中を歩き回りながら幸せな日々を過ごしているそうです。 新しい家族の胸では、ドービーがこれ以上痛くないように、末永くお幸せになることを祈ります。


[著作権者 ⓒ アニマルプラネットランド, 無断転載及び再配布禁止]

私たちの秘密の話を世の中に知らせてください。