生まれた時から"希少病"を患っており、全身の毛一本もない鳥に"セーター"を着せた女性

アニマルプラネットランドチーム
2020年 04月 17日

애니멀플래닛facebook_@RheaTNB


生まれた時から他の鳥と違って希少病にかかり、全身に毛一本もない鳥がいます。 名前はリア(Rhea)。


米マサチューセッツ州ボストンに住んでいるイザベラ·アイズンマン(Isabella Eisenmann)さんは、生まれた時から"羽病"と呼ばれる希少ウイルスに感染し、羽が生えていない鳥リアを飼っています。


"他の人と違う顔をしているという理由で捨てられたリアは、イザベラさんの養子になって新しい人生を生きていると言います。


애니멀플래닛facebook_@RheaTNB


イザベラさんは動物病院にリアを連れていって血液検査を受けたり、もしや毛がないせいで風邪を引かないか心配になり、自分で色とりどりのセーターを作ってあげたりしました。


おかげでSNS上でリアはファッショニスタとして有名になりました。 イザベラさんが着せてくれる服ごとに素敵に消化し、厚いファン層ができるほどだそうです。


また、リアは自分の面倒を見てくれたイザベラさんに感謝しているのか、たびたび歌を歌いながら走り回るなど致命的な愛嬌を見せて彼女を笑わせると言いますが。


애니멀플래닛facebook_@RheaTNB


生まれた時から他の鳥と少し違った生まれたという理由で差別を受け捨てなければならなかったリア。


しかし、世の中誰よりも、リアを愛してくれる飼い主に会ったリアは、毎日が幸せな日々です。


このように動物も人間のように感情を持っている動物だということを忘れてはいけません。


애니멀플래닛facebook_@RheaTNB


[著作権者 ⓒ アニマルプラネットランド, 無断転載及び再配布禁止]

私たちの秘密の話を世の中に知らせてください。